ホームお問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

大津まるごとカレーを味わう

 滋賀を知っトク第4弾の2009年は、ちょっと趣を変えて、滋賀の新しいご当地グルメをご紹介。 2009年9月13日に発売したばかりの「大津まるごとカレー」。なんでも、(社)びわ湖大津観光協会が「大津の食材を使った食べ物を」という声から開発したそうで、地元大津の「比良みそ、比良すいか、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、小松菜、近江しゃも」などなど、その名のとおり大津の食材がまるごと入っている。さらにパッケージは、地元の成安造形大学の学生が担当。裏面には、生産者の顔入りコメントを表記するなど、安心・安全にもこだわりを感じる。

早い物勝ち!

おおつ光ルくんスプーン付き 初回5000名限定!!おおつ光ルくん特製スプーン付きとパッケージに表記されている。 年内は、食材供給の都合上この5000食が限定だそうだが、パッケージを開けてみるとしっかりとしたスプーンが入っていた。 確かに食べる面に「おおつ光ルくん」がバッチリ印刷されている。これはラッキーだ。5000食がどれくらいの期間で売り切れるのか、わからないが早い目にゲットしておきたいアイテムだ。

 ネーミングの由来や素材の詳細は、他のサイトやブログでも取り上げられているので、そちらを参考にしてください。
開発元の「●びわこ大津観光協会」公式サイトはこちらですが、大津まるごとカレーのことは特に掲載されていないようです。(2009.0913現在)
販売はこちらの「●いのうえ株式会社」公式サイトへ
さすが、滋賀地元の会社ですね。近江牛カレーを始め、数多くの地元ならではの商品を販売されてます。

さて、いよいよお味のレポート。 作り方は、レトルトタイプなので、沸騰したお湯につけるだけ、5分〜7分と少し長め。あとはごはんにかけるだけ。 第一印象、うわさ通り具が大きい。にんじん、お肉、じゃがいもが目で確認できる。 色はやや濃いめ。いい香りだ。早く食べたい!!

Aさん(女性)、Bさん(女性)、Cさん(男性)に食していただく。(味はあくまで個人の感想です)

【Aさんの感想】
食べるたびに、だんだん辛くなってきた。最後は、ヒーヒー言いながら完食しました。食べた後も身体が暖かい。痩せるかな。

【Bさんの感想】
具にしっかりと味がしみこんでいて美味しい。でも、辛かった。発汗作用のせいか食後もずっと汗がでた。

【Cさんの感想】
ちょっと辛いね。私は、全然平気だけど小さな子供さんには無理かな。 ルー自体、濃厚な味がしておいしかった。これがスイカと味噌コラボのおかげかな。明日も食べたい。できれば、甘口、辛口、野菜カレーやフィッシュカレーなどのレパートリーも増えるとうれしい。

大津まるごとカレーは、ここで買える!

販売場所は随時拡大中ということですが、現在(2009.09.13)以下のお店なら買えるそうです。(売り切れ注意!)
大津地区セブンイレブン22店舗
びわ湖大橋米プラザレストラン売店
イズミヤ堅田店
JAグリーンファーム堅田店
おごと温泉 グランドホテル売店
おごと温泉 花街道
おごと温泉 きくのや
おごと温泉 緑水亭
旅亭 紅葉 朝市売店
大津港 旅客ターミナル売店
大津プリンスホテル
JR大津駅1階 大津駅名店街
石山寺 洗心寮
瀬田 フォレオ1階 日本海ひもの 開喜屋
道の駅 草津
草津あおばな館(JA草津直売所)
彦根四番町スクェア

第二弾は、野菜カレーだ!!
 待ちに待った第二弾が発売された。
2009年11月20日、前回と同様大津市内のセブンイレブン、ホテル、旅館、道の駅などで販売開始。 前回の5,000食は、たった1ヶ月で品切れとなる好評ぶりだったそうだ。 さて、今回のお味はいかがなものか!

いざ、食す!

 今回のメインとなる具は、「さといも」「大豆」「にんじん」「小松菜」。地元の野菜だけをふんだんに使ったカレーだ。価格も630円と同じ。今回も限定5,000食です。

Aさん(女性)、Bさん(女性)、Cさん(男性)に今回も食していただいた。(味はあくまで個人の感想です)

【Aさんの感想】
辛さは前回と同じかな。野菜づくしで健康的なイメージを受けたが、肉系がなかったのが残念。味にコクが感じられなかった。

【Bさんの感想】
さといもを入れるならもっと工夫した方がいいですね。重くて最後まで食べるんがしんどかった。

【Cさんの感想】
大豆の味が効きすぎて、マメカレーという印象。ねっとり感が強くて前回の方がおしかったというのが正直な感想。。。